子どもがいても仕事に出たい!子育てママが働きに出るために必要なこととは?

子どもがいても仕事に出たい!子育てママが働きに出るために必要なこととは?

働きに出るママが増えている現状

近頃では子どもがまだ小さくてもできるだけ働きに出たいという母親たちが増えています。その理由としてはやはり経済的な問題が大きく、夫の収入だけでは生活が厳しいと感じてる家庭が増えてきたことも影響しているようです。子どもを育てながら働きに出るためには、仕事中の子どもの預け先を確保するだけではなく、さまざまな問題を乗り越えなくてはなりません。働きに出たいお母さんが増えている現状を踏まえ、家庭と仕事を両立するための仕組みが求められています。

短時間勤務と一時預かりなどの利用

毎日フルタイムで働きに出るためには、長時間子どもを預ける場所を確保しなければなりませんし、高額な保育料が必要になってしまいます。そのため、職種や働き方にあわせて子どもの預け方も変えることがポイントになっています。週に数回、短時間のパートに出たい場合は、一時預かりを利用したり、土日など他の家族が在宅している時間に働きに出るという方法を選ぶ人も多いようです。子どもがいると決まった曜日に決まった時間働きに出るのがなかなか難しいという人も多いので、都合の良いときだけ仕事を入れることが出来る登録制のアルバイトの利用なども育児との両立には向いています。

いざというときのヘルプができる環境づくり

子どもを預けながら働く場合、子どもの急病など突然のトラブルに対する対処方法を考えておかなくてはなりません。職場によってはシフトの変更が割とゆるく、事情がある場合には対応しやすいところもあります。しかしどうしても駆けつけられないという場合に備え、家族や親戚との連携や地域でのサポートサービスなどを確認し、いざというときの対応を決めておくとよいでしょう。育児と仕事の両立は簡単ではありませんが、働くことを必要としている人がいつでも働きに出られるような仕組みづくりは、この先もさらに必要となるのではないでしょうか。

シングルマザーの仕事は家事や育児に追われる為、自由な時間が少ないのが問題です。なので自宅で手軽に出来る在宅ワークがオススメです。